立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

縁がひろがり福があつまるお寺

福聚山 本経寺

【Fukujusan Honkyoji】

〒840-0055 佐賀県佐賀市材木1-5-12

福聚山 本経寺 ホーム>寺ブログ>食べていいもの、わるいもの

寺ブログ

寺ブログ

記事公開日:

食べていいもの、わるいもの

前回のブログ「いただきますのススメ」では、大切な命をいただいて生きているのだから「いただきます」で毎日の食事に感謝しましょう、というお話をしました。

さて、みなさんはどんな食事が好きですか?
寒い冬には、暖かいお鍋が美味しいですよね。
冬に美味しい牡蠣やカニ料理もいいですね。
みなさん好きな食べ物もあれば、嫌いな食べ物もあることでしょう。
ご飯、お肉、お魚、野菜…
私たちは毎日いろいろな食べ物を食べていますが、実は私たちが食べているのは、それだけではありません。
 
仏教では、私たち人間は、次の4つのものを食べて生きているといいます。
 
1つ目は、「段食」(だんじき)
私たちが身体を養うために食べている野菜や肉、お米などの食べ物のことです。
命を少しずつのかたまり(分々段々)で食べるので、段食と言います。
これは4つの中で唯一目に見える食べ物ですが、人間はこれだけでは生きてはいけません。
 
2つ目は、「触食」(そくじき)
笑い、喜び、楽しさ、などをつくり出す感情です。
これは食べ物と同じように身体を元気にし、心の栄養になるものです。
さまざまな物事に触れて生じる喜びや心地よさによって、生きるエネルギーを得ることができます。
たとえば、食卓を囲んで笑顔で楽しい会話を行うことも触食の一つでしょう。
 
3つ目は、「思食」(しじき)
夢や希望です。
希望があれば人はイキイキと生きることができます。
希望があるから困難な状況でも耐えることができます。
夢や希望を持ち、何かを思うこと自体が、生きる意欲を生み出し、人間を生かす食べ物になっているというわけです。
 
4つ目は、「識食」(しきじき)
私たちの「心」そのもののことです。
自分自身の心で「生きている」ということを自覚することはとても大切なことです。
心の動き一つで身体は元気にも病気にもなります。
心そのものが身体に関わる大切な食べ物だというわけです。
 
これらが、「目に見えないもの」を食べて心を養っているという『四食(しじき)』という仏教の考え方です。
目に見えるものだけでなく、生きるために必要なエネルギーを与えてくれるものすべてを「食」としているのです。
これらの見えない食べ物によって心と身体が養われ、私たちは生かされているのです。

 
一方で、目には見えないけれど、食べてはいけない、悪い食べ物もあります。
それは、『煩悩(ぼんのう)』です。
「貪(むさぼり)・瞋(いかり)・痴(おろかさ)」の心で、これらを仏教では人間の心をいちばん苦しめる毒薬という意味で「三毒」とも呼びます。

1つ目は、「貪」(むさぼり)
あれがほしい、これがほしいという妬みの心、物事に執着する心です。
地位や名誉、富、性愛、すべてに貪欲になっていませんか?
何ごとも、欲を少なく足ることを知る、という心がけが大切です。
 
2つ目は、「瞋」(いかり)
自分の心に逆らうものを怒り恨むことです。
これを食べてしまうと、相手に敵意を抱いてしまうだけでなく、自分の心も醜くなってしまいます。
 
3つ目は、「痴」(おろかさ)
単に教養がないということではなく、ものごとを正しく理解できないこと、自己中心的な身勝手な心です。
 
みなさんは大丈夫ですか?
知らず知らずのうちに、不平不満を食べてしまってはいませんか?
確かに生きている以上、ねたんだり、怒ったり、愚痴りたくなるようなこともあるでしょう。
しかし、そんなことをしていても何の得にもならないし、相手だけでなく、自分にも損なことばかりが起きてしまいます。
悪い食べ物は、悪い心を生み出します。
私たちは自分の心に抱く煩悩(欲望)によって苦しんでいるのですから、心安らかに暮らすためには、それを少しでも少なくする心がけが大切です。
 

目に見えるもの、見えないもの、いろいろな“もの”を食べて私たちは生きています。
せっかくなら、心に良いものを食べましょう。
「ねたみ、恨み、愚痴」を食べずに、「笑い、喜び、希望」を食べて、笑顔で毎日を暮らしましょう。
 
良い食べものが、善い心を育てます。

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.