立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

縁がひろがり福があつまるお寺

福聚山 本経寺

【Fukujusan Honkyoji】

〒840-0055 佐賀県佐賀市材木1-5-12

福聚山 本経寺 ホーム>寺ブログ>いただきますのススメ

寺ブログ

寺ブログ

記事公開日:

いただきますのススメ

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
記事の内容やリンク先については現在と状況が異なる場合がありますのでご注意ください。

みなさんは、「いただきますの日」があるのを知っていますか?
ヒントは食事に欠かせない「お箸」が並ぶ日。
 
 
答えは「11月11日」です。
日々の食卓に関係するさまざまなつながりに感謝し、「いただきます」という言葉にこめられた大切な気持ちを通じて、心豊かな食卓、幸せな暮らしの時間を社会に広げていく、それが「いただきますの日」だそうです。
 
私たちは生きていくために、毎日食事をします。
1日3回。
1年で1095回。
人生80年で87600回。
意識しない間に、私たちはたくさんの食事をして生きています。
そして、その食卓に出てくるお米やお肉、お魚、お野菜、それら一つひとつにはすべて命が宿っています。
私たちは、たくさんの命をいただきながら生きています。
 
しかしここで一つ問題があります。
仏教には、「不殺生」という「生き物を殺しません」という大切な戒めがあるのです。
でも、私たちは食べないと生きていけません。
命が宿ったものを食べていかなければいけません。
私たちは毎日、殺生をしながら生きています。
だからこそ、そのことにきちんと気づき、感謝するために「いただきます」があるのです。
食事の前に「いただきます」と手を合わせる行為には、『尊いあなたの命をいただいて、私の命にさせていただきます。その命の分、今日も精一杯生きます!』という大切な意味がこめられています。
 
数年前に、給食費を払っているのだから「いただきます」を言う必要はないと学校に申し入れた親がいる、という話が話題になりました。
お金さえ払えば、食事は「自分のもの」になると考えたのでしょう。
でも果たしてそうでしょうか?
それって、とても寂しい食事だと思いませんか?
 
食事はもっと、温かいものです。
食べ物一つひとつには、たくさんの命が関わっています。
一粒の米、一滴の水、一本の野菜、その食材を作ってくれた人、それを料理してくれた人…
様々な縁がつながって、「食」は生まれます。
豚さんもマグロさんも食堂のおばさんも、みんなの温かい命が、「食」を通して私の口のなかに入っていきます。
そんな温かいつながり(縁)で、私たちは生かされている。
そのことに感謝するのが、「いただきます」なのです。
 
日蓮聖人は身延でお書きになられたお手紙の中で、
『水中で生きている魚にとって、水は宝です。大地の上で成長する木にとって、大地は財(たから)です。人は食べ物によって生きることができているのであって、食べ物こそ財(たから)です。そして、命というものは、あらゆる財(たから)の中でも一番の財(たから)なのです。』
(「魚は水にすむ、水を宝とす。木は地の上に生て候、地を財とす。人は食によって生あり、食を財とす。いのちと申す物は、一切の財の中に第一の財なり。」『事理供養御書』)
とおっしゃっています。身延という人里離れた地で、食のありがたみを感じて、自分の「いのち」はたくさんの命をいただいて生かされているのだ、ということを身にしみて感じられたのでしょう。
 
「人を良くする」と書いて、「食」という字はできています。
食べることは生きること。
生きることは食べること。
口は「いのち」の入り口です。
 
ぜひ食事の前には、ご家族で一緒に、大切な人と一緒に手を合わせて、食卓にひろがるたくさんの「いのち」に合掌してください。

毎日を豊かに、幸せに暮らすために。
いただきます」をオススメします。

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
記事の内容やリンク先については現在と状況が異なる場合がありますのでご注意ください。

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.