立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

中齋 大塩平八郎 菩提寺

讀誦山 成正寺

【Dokujuzan Johshouji】

530-0053 大阪府大阪市北区末広町1番7号

讀誦山 成正寺 ホーム>地域情報>伝法の川施餓鬼

地域情報

地域情報

記事公開日:

伝法の川施餓鬼

去る8月26日此花区伝法正蓮寺において川施餓鬼が行われました。
施餓鬼(せがき)とは、餓鬼道(がきどう)にあって飢えと渇きに苦しむ餓鬼に飲食を施し、仏に供養することによって餓鬼を救済し、自身も長寿することを願う仏事をいい、特に川辺で死者の霊を弔う施餓鬼を川施餓鬼という。川辺や船を用いて行われ、施餓鬼法要の後に、水死者の法名を記した経木(きょうぎ)や供物(くもつ)などを川に流す。本来は時期を限ったものではなかったが、盆行事と結び付き精霊(しょうりょう)送りや納涼の要素が大きくなっていった。
 正蓮寺は寛永2年(1625)に開創された。寺伝では川施餓鬼は第七世寂行院日解上人(じゃくぎょういんにちかいしょうにん)が享保6年(1721)に始めたと伝える。『摂津名所図会大成(せっつめいしょずえたいせい)』(安政年間=1854~60)には
「例年七月廿六には、当地正蓮寺といふ日蓮宗の寺院に施餓鬼の法会ありて、浪花中より宗門の男女、船にて群集して、いたって賑わし。是を伝法の施餓鬼とて、天神祭に彷彿たる舟行の大紋日也。」
 とあり、天神祭とならぶ夏の大きな祭となっていたことが分かる。
 現行の行事は8月26日に行われる。午前10時から新盆会特別法要がはじまる。続いて唱題(しょうだい)行進が行われ、塔婆(とうば)・経木供養、法話・説教、稚児大法要・焼香、練供養(ねりくよう)、船渡御(ふなとぎょ)、経木流しの順に行事が進行する。
 午後3時頃から練供養をして乗船場(新淀川閘門繋船場(こうもんけいせんじょう))へ向かう。行列は先見(せんけん)、金棒(かなぼう)、旗幡(はた)、纏(まとい)、稚児、御輿(みこし)、大太鼓、僧侶、団扇太鼓(うちわたいこ)、檀信徒の順である。日蓮聖人(にちれんしょうにん)立像を納めた御輿には多数の経木も納められる。行列が乗船すると、玄題旗(げんだいき)と吹き流しを立てた船団は新淀川の中央まで進み、先頭の船の舳先(へさき)で導師が読経をしながら経木を流し、それに合わせて参列者が御題目を唱えながら経木を流す。
 正蓮寺川で行われていた川施餓鬼では、川の中に五色の幣(へい)を付けた笹、塔婆を立てた棚が数多く設けられた。笹と精霊棚(しょうりょうだな)の前を船渡御の船列が進むというもので、多くの見物の船が出て大いに賑わった。
 精霊棚は、昭和18年(1943)以降失われた。さらに、地盤沈下によって橋の下を船が運航できなくなったので、昭和42年(1967)から新淀川に移動して行事を行っている。
 日蓮聖人が萬霊供養のため、川まで出向く行事の形式をとり、諸霊を送り出す経木流しが組み合わされた盆行事であり、かつてはいくつかの寺院で行われていた、水都大阪らしい行事の遺風を今日に伝えている。

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.