立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

洛東本山

聞法山 頂妙寺

【chomyoji】

606-8376 京都市左京区大菊町96

聞法山 頂妙寺 ホーム>寺ブログ>客殿 廊下の柱の修理

寺ブログ

寺ブログ

記事公開日:

客殿 廊下の柱の修理

 客殿は、昭和61年、第70世 金子日俊猊下の御時に、頂妙寺開創500年にあたり、記念事業として新築されました。
 以来、40年ちかい年月を重ねますと、廊下の柱が腐食してまいりました。この度の諸堂改修にあたり、工務店の方々と相談しましたところ、腐食した部分を切断し、新たな角材を継手することになりました。
 柱の横をジャッキアップし、風雨により腐食した柱の根元を切断します。新たな角材を継ぐとともに、基礎の石と柱の接地面に一枚、角材をはさみ、今後腐食したさいは、はさんだ角材のみを交換します。
 角材の継手は、柱の腐食の進行具合によって異なります。書物でした見たことのない継手に、職人さんの技術を感じます。

左上 昭和61年新築の客殿。
左下 腐食した柱。菌もしくはカビにより腐食したと推測されます。
右上 ジャッキと継がれた柱。
右下 上部が元の柱。中部が継がれた角材。基礎の石と角材の間に一枚はさみ、腐食した場合
    は、はさんだ角材のみを交換する。

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.