立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

空の里

芝山町 常隆山 徳蔵寺

【Tokuzoji】

289-1604 千葉県山武郡芝山町飯櫃172

芝山町 常隆山 徳蔵寺 ホーム>寺ブログ>5月の「法の葉」

寺ブログ

寺ブログ

記事公開日:

5月の「法の葉」

天我をして五年の命を保たしめば、真正の画工となるを得べし
                            葛飾北斎

首都高速5号線を北に向かう。美女木を過ぎ、左手の霞んだ空の向こうに、うっすらと富士山が見えた。
葛飾北斎は九十年の生涯で「富嶽三十六景」など、多くの富士山を描いた。中でも「凱風快晴」は最高傑作とも言われる。北斎は最期「天が私の命を、あと五年もたせてくれたなら、真の絵師となることができたであろう」との言葉を遺し命終したと伝わる。
若い日には高みを目指していた人も、老いるにしたがい人生の虚しさを覚え、また気力・体力の衰えによって、いつしか上を見ることをあきらめてしまう。
目指す高嶺を霞ませてしまうのも自分であり、そしてその霞を吹き払う凱風を吹き起こすことができるのもまた自分自身なのではなかろうか。

前の記事へ

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.