文字サイズ
標準
拡大

共に学ぶ

第59回日蓮宗布教研修所

【Dai-59kai Nichirenshu Fukyo-kenshujo】

〒270-0002 千葉県松戸市平賀63 本土寺実相閣内布教研修所

第59回日蓮宗布教研修所 ホーム>ブログ>本土寺様施餓鬼会

ブログ

ブログ

記事公開日:

本土寺様施餓鬼会

みなさま、お久しぶりです。研修員の法花堂正匡です。
 
先日、8月7日に「立秋」を迎え、暦の上では早くも秋到来…のはずなのですが、ここ最近は「酷暑」という言葉がぴったりなくらい、厳しい暑さが続いております。
こまめな水分補給をお忘れなきよう。
 
ここ最近、実相閣から平賀の町を見渡しますと、あちこちでサルスベリの花が見ごろを迎えております。
あくまで私個人の見解ですが、サルスベリが満開になると「お施餓鬼」の季節がやって来たことを実感します。
 
大変有難いことに、7月の後半頃より、布教研修所では施餓鬼法話のお声掛けをたくさん頂くようになりました。研修員ごとに担当を決めてそれぞれ施餓鬼法話に臨んでおります。研修員は皆、「どうすればもっと分かりやすい法話が作れるのか?」をモットーに法話に臨んでおりますので、納得のいく法話が出来上がるまで何度も何度も練り直しをすることがあり、法話の準備が深夜に及ぶことも多々あります。
 
先日、本山本土寺様より施餓鬼会法要への出仕の依頼があり、研修員揃って出仕をして参りました。
 
わたくし法花堂は、法要に先立って施餓鬼法話を務めさせて頂きました。
本山で法話をする機会なんて、若輩者の私が願っても絶対に頂けません。そんな千載一遇の大変貴重なチャンスを前にして、グッと身が引き締まる思いでした。
 
今回、私が法話のテーマに選んだのは「供養の意義」です。
 
お経やお題目(南無妙法蓮華経)を唱えることは、亡くなった方への供養になるだけでなく、引いては皆さん自身がほとけさまに近づく素晴らしい機会であることをご説明しました。
 
正直、私は大してお話も上手ではありません。
特に、人前に出ると生来のあがり症で早口になってしまうので、とても聞き取りづらい法話だったことと思います。
 
しかし、本土寺様の檀信徒の皆様は大変お優しい方ばかりで、私の拙い話にも檀信徒の皆さんは熱心に耳を傾けてくださいました。
そんなみなさまの様子を見ていて、私も話しながら胸が熱くなりました。
 
みなさまから頂いた熱い想いを胸に、私は本日もパソコンに向かって法話作りに励んでおります。
 
以上、法花堂でした。
 

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.