立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

真の布教者を目指して

第56回日蓮宗布教研修所

【Dai-Gojyurokkai Nichirenshu Fukyou-Kenshujo】

〒270‐0002 千葉県松戸市平賀63 本土寺内 実相閣

第56回日蓮宗布教研修所 ホーム>ブログ>月例金曜講話前座最終回

ブログ

ブログ

記事公開日:

月例金曜講話前座最終回

皆さんこんにちは! 研修員の鴻巢圭道です。

布教研修所のある本土寺様の紅葉も、日を追うごとにその色づきを深くしています。
時の移ろいを感じると共に、布教研修所の日々も残りわずかであることを実感する今日この頃です。

さて、11月10日(金)に日蓮宗宗務院に於ける月例金曜講話の前座で工藤研修員と原研修員が法話をさせて頂きました。

工藤研修員の法話のタイトルは「惑わされない」。
自身が学生時代、遊びたい欲求に負けてしまったことから学んだ「継続することの難しさ」。法華経安楽行品の「気持ちを一点に集中し、瞑想を行い、自ら静かに顧みる」ことの大切さ、お題目による「惑わされない心」を保つことの大切さを話しました。
 

原研修員の法話のタイトルは「約束」。
今は亡き祖母と交わした約束を法華経の経文、日蓮聖人のご遺文と照らし合わせながら話しました。『立正安国論』の中の「寸心」とは「根っこ」という意味であり、自らの根にお題目という水をかけ、きれいな花を咲かせることの大切さを説きました。

布教研修所研修員による月例金曜講話の前座は今回が最後となりました。
6月2日の自己紹介から始まった前座ですが、金曜講話に足を運んで下さる皆様は、緊張している私達研修員をいつも温かく見守って下さいました。この場をお借りして心より御礼申し上げます。

次回ブログは番外編! 「伊久美研修員、大仏師と対面し感激!!」をお届けします。
どうぞお楽しみに!

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.