立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

山と海に囲まれた「いいのん寺」

一乗山 妙法寺

【Ichijyouzan Myouhouji】

859-2113 長崎県南島原市布津町丙2405

一乗山 妙法寺 ホーム>イベント・活動>憶持不忘 ~記憶を忘れることなかれ~

イベント・活動

イベント・活動

記事公開日:

憶持不忘 ~記憶を忘れることなかれ~

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
記事の内容やリンク先については現在と状況が異なる場合がありますのでご注意ください。

去る6月3日は、普賢岳火砕流災害から丸21年。地元の若手青年僧「普賢会」のメンバーは、被災地周辺の慰霊行脚を行った。私自身、法務の関係で行脚には参加できなかったが、
一足先に、多くの犠牲者が出た通称「定点」といわれる場所で、お勤めを行った。
定点とは、当時火砕流の撮影ポイントであり、取材ポイントであった。そのため、犠牲者の多くはマスコミ関係、それに伴うタクシー運転手、警戒に当たっていた地元消防団である。
この災害を機会に、災害時における取材のあり方が見直されたのは言うまでもない。
もう、21年もたつので人もそんなにいないだろうと思っていたが、その場所にはテントが張られ、マスコミ関係者、地元消防団、地域の方々がお参りされ、献花やお供えも沢山あった。
月日が経つと、人間忘れ去っていくのが常である。多くの人が想いをもってお参りされる姿を目の当たりにし、こちらもお勤めの声に力が入った。
当時、高校生。バスが通わず、船で通学し、ヘルメット持参し降灰の中を通っていた。僧侶として活動する現在、単なる思い出ではなく、慰霊はもちろん、当時のことを伝えていかなければならない。災害は忘れた頃にやってくる。先師・先祖の想いを無駄にしないためにも、現代に生きる私たちの心持が必要だ。

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
記事の内容やリンク先については現在と状況が異なる場合がありますのでご注意ください。

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.