立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

戦国に力強く咲いた お題目の花

普平山 妙興寺

【Fuhyozan myokoji】

683-0831 鳥取県米子市寺町46

普平山 妙興寺 ホーム>寺ブログ>何かに導かれるということ。

寺ブログ

寺ブログ

記事公開日:

何かに導かれるということ。

昨日、鹿児島の中村家のご当主、中村郁夫氏と、徳島の「三好長慶会」代表、出水康生氏がご来山されました。

数年来、度々遠路おいで頂く中村氏が、「今日は徳島の豪傑をお連れしました。」
相手の心を掴んで離さない鋭い眼光と、豪胆な語り口に潜む多岐にわたる見識の高さ。
お二方とも、戦国武将を彷彿させるご器量の持ち主でありました。

「いつまでも信長秀吉家康でもない」「内膳の奥さんを祀る寺は・・」「三好の理世安民の崇高な理念は、見直されねばならない」「家康の人の力量を見抜く力の原点は・・・」次から次と湧き上がる情熱に、時を忘れて魅了されました。

「今日は徳島からの道中、とてもよい天気で、きっと(内膳公も)喜んでくれている」
お二方とも、そうおっしゃいました。

「文化財になっている内膳の遺品をぜひ見たい。」
旧主三好、中村両家ゆかりのお二方に相対して、内膳さんもさぞ御満足でありましたでしょう。

この現世で生きる我々には解らない、同じレールに乗っている。
横田内膳さんのことが深まるたびに、お題目の「ご縁」に感謝しております。

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.