立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

日蓮聖人逗留の寺

子授けパワースポット 常照寺

【Jyakunizan Jyoushouji】

〒635-0103 奈良県高市郡高取町清水谷1793

子授けパワースポット 常照寺 ホーム>寺ブログ>人生の光明②

寺ブログ

寺ブログ

記事公開日:

人生の光明②

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
記事の内容やリンク先については現在と状況が異なる場合がありますのでご注意ください。

元来信仰というものは、神や仏の心を自分の心として、少しでも神や仏に近づこうと、すなわち、神や仏を理想目標にした自己人格の修養の努力でなければならない筈です。それに自分の尊い本性を忘れて、ただ神や仏にすがりついたり甚だしいのに至っては欲一点張りの信仰がますます殖えて、それが大繁盛しているのはどうしたことでしょうか。文化の時代の中に生きていながら洵に恥ずべきではありませんか。
 お釈迦様は雑譬喩経に
「譬えば稲を作るのに米を求めるだけの目的ではあるが、藁は自然に得られる。それと同様に仏になろうと決心して修養していくならば、その修行がまだ出来上がらなくても人間としての幸福は得られる。だから、欲だけの果報の楽を求めるような信仰をしていてはならない。(取意)」 
と、仰っています。その他このような戒めは様々な経文にも説かれてあって仏になろうという目的をそっちのけにして金持ちになりたいだの楽がしたいだの地位が欲しいだの達者になりたいだのと自分の勝手な都合の良い欲の信仰は外道であり最も賤しいものとして排斥されてあります。
 自分の尊い心の本性を忘れて「修行は自力の信心だ」などと嫌がっていてそれで仏になろうと思っているのは、稲を作る骨折りをせずに米が出来るものと信じているのと同じ事であります。また、金持ちになりたいなどと欲張りを願って、仏になろうという肝心の目的無しの信仰は、ちょうど米を作っても「米は要らない藁だけが欲しい」といって、まだ実らぬうちに青刈りしてしまうようなものでどちらも浅ましい信仰と言わねばなりません。そんな信仰はいくらしても決してその人も家も社会も明るく正しく良くなるものではありません。真に意義有る人生、生き甲斐のある生涯、幸福な生活をしたいと思う人は是非とも正しい信仰、正しい教えに寄らなければなりません。

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
記事の内容やリンク先については現在と状況が異なる場合がありますのでご注意ください。

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.