立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

洛東本山

聞法山 頂妙寺

【chomyoji】

606-8376 京都市左京区大菊町96

聞法山 頂妙寺 ホーム>寺ブログ>御首題の猊下 紹介

寺ブログ

寺ブログ

記事公開日:

御首題の猊下 紹介

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
記事の内容やリンク先については現在と状況が異なる場合がありますのでご注意ください。

左の写真は、頂妙寺墓地歴代廟です。左端の大塔婆は、頂妙寺第八世 精進院日龍上人明年平成三十年が三百五十遠忌にあたり、本年の先聖法要よりお供えしております。
そのような縁のある猊下の御首題を、金山家より御奉納いただきました。
頂妙寺第八世 精進院日龍上人
  (一五九四~一六六九)
中山法華経寺二十三世でもあります。
四十四才のころ、頂妙寺を辞し、鷹峯に知足庵(今の瑞芳寺)を建立し隠棲します。
在庵三十三年。一字三礼の紺紙金泥妙法蓮華経を書写し、毎日三回の勤行に努められました。
本法寺第十八世 本通院日允上人
   (一六一九~一六九二)
中山法華経寺三十五世をへて、妙覺寺二十四世となられます。
本阿弥光悦の孫にあたり、身延山二十六世日暹上人の弟子であります。
晩年は鷹峯に隠棲し、祖父光悦ゆずりの能書の人として有名です。
勝光院日耀上人の師匠であり、日耀上人の弟子が縁祖了義院日達上人です。
立本寺第二十世 霊鷲院日審上人 (一五九九~一六六六)
生涯で法座を一万座つとめ、御曼荼羅を十万余幅したためられたことで有名です。立本寺の再建整備に全力を傾けられました。御曼荼羅などに記す花押が、壺の形に見えることから「壺日審」とも呼ばれます。
この度、金山家から御奉納された御首題ですが、日龍上人の三百五十遠忌。日允上人が縁祖の大師匠であったこと。日審上人が本山境内の再建整備に努められたことなど、不思議な縁を感じました。
 

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
記事の内容やリンク先については現在と状況が異なる場合がありますのでご注意ください。

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.