立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

枯木祖師のきんたく山

金澤山 妙應寺

【Kintakusan Myooji】

920-0831 石川県金沢市東山2丁目14番59号

金澤山 妙應寺 ホーム>寺ブログ>蓮華は花と実が同時になるの?

寺ブログ

寺ブログ

記事公開日:

蓮華は花と実が同時になるの?

  金沢はいつまでも梅雨が明けず、24日も明け方に土砂降り。庭に出てみると、20日に続いて蓮の花が開いており、最初jに開いた花はすっかり散って、実に水晶玉のような水滴が乗っていました。 
 蓮華といえば、花と実が同時になるということで、「因果同時」や「因果倶時」といって、衆生から仏になるのではなく、衆生の段階で仏の性質をすでに具えている、ということを表している。と、私もお説教で時々使わせてもらっているのですが、インドにはこんな考え方はなかったようです。
 先日も紹介した植木雅俊先生によれば、花と実が同時になるのは、蓮の花に限ったことではない。生物学的に言えば、すべての植物は花と実が同時になっている。花が咲いたときに雌しべの中に子房ができているのだから。蓮の花は円錐形の実が目立つから、それが強調されただけとのこと。なーるほど。言われてみれば、そうですよね。当たり前のことを、さも蓮華が特別なんだと言っていたわけで、目から鱗でした。
 でもそれで蓮華の価値が下がるわけではありません。「蓮華不染」です。蓮華は汚泥から出てきますが、汚泥に染まることなく、清らかな花を咲かせます。自分もそんなふうに生きたいのですが、もう泥水に浸かりっぱなしで、泥だらけ。いつになったら清らかな花を咲かせることができるやら。先は長いですな。

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.