文字サイズ
標準
拡大

あかふん君とまなび寺

成就山 妙福寺

【Jyojyusan Myofukuji】

299-2401 千葉県南房総市富浦町南無谷119

成就山 妙福寺 ホーム>寺ブログ>信じなければ始まらない?!

寺ブログ

寺ブログ

記事公開日:

信じなければ始まらない?!

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
記事の内容やリンク先については現在と状況が異なる場合がありますのでご注意ください。

 信心ってなに?こんな疑問抱いた事ないですか?

よくお坊さんの法話で「信じる心が大切です。」とか「まずは信じる事からはじめましょう。」という話を耳にすると思います。

でもいきなり“信じろ”って言われても、正直ムリですよね?!

だって“信じる”って「疑問を挟まずに、とにかく身を委ねてお任せする」というイメージです。

そんな事言われたら、少し引いちゃいますよ。

例えば、初めて会った異性にいきなり「私と結婚して下さい。」と言われているようなものです。「いやいや、まだあなたの事を良く知らないし、色々教えてもらわないと・・・」「大丈夫です!信じて下さい。信じて付き合っているうちに私の良さが分かってきますから」と言われているようなものだと思います。

これでは、本当は良い人(教え)なのかもしれないけど、信じないと始まらないのなら、遠慮しよう。となるのが普通です。

では、仏教で定義する「信じる」って本当にこのような肉食系信心なのでしょうか?

実はここに大きな勘違いが潜んでいます。

仏教にも当然「信心」という言葉は存在します。

インド語には対応する原語がいくつか存在しますが、大別すると

「śraddhā」という、

教義や理論に対し自ら確かめて確信する〈信〉と、

「bhakti」という、

人格神などに対し主観的・個人的に信じる〈信〉が存在します。

 

仏教では、前者の信心を大切にしています。

つまり、何かの対象に対して「盲目的に信じる」のではなくて「教義や理論を学び、自分の中であれこれ考えて、腑に落ちた時に生じる信」ということになります。

 

お坊さんが「信心」が大切ですよ。と盛んに言うのは、「様々なものを盲目的に信じるのではなく、自分の頭でしっかり考えて答えを出して下さいね。考えるヒントはお経に沢山散りばめられていますよ。」という意味合いが隠されているのです。

 

仏教の「信心」は視野が狭くなる心の状態ではなく、視野が広くなり周りが見渡しやすくなる心の状態だという事です。

仏教の信心は、肉食系でも草食系でもない“中道系”なのです。

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
記事の内容やリンク先については現在と状況が異なる場合がありますのでご注意ください。

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.