文字サイズ
標準
拡大

名古屋市内の日蓮宗寺院で40才以下の僧侶で組織する団体です

日蓮宗名古屋青年会

【Nichirenshu Nagoya Seinen-kai】

466-0814 愛知県名古屋市昭和区妙見町110

日蓮宗名古屋青年会 ホーム>ブログ>OTELIKEミニ第4号(卒塔婆の歴史)

ブログ

ブログ

記事公開日:

OTELIKEミニ第4号(卒塔婆の歴史)

 卒塔婆(そとうば)の起源はインドにあり、サンスクリット語で「ストゥーパ」と言われました。インドから中国に伝わった際に「卒塔婆」、「塔婆」、「仏塔(ぶっとう)」という漢字が充てられました。
 ストゥーパは、お釈迦様がお亡くなりになられ、分配されたご遺骨を祀る(まつる)ために造立したのがはじまりです。その後、徳の高い僧侶のストゥーパも作られるようになりました。最初は、写真のようなドーム型のものがたてられましたが、徐々に塔のものもたてられるようになりました。
 塔のものは三重塔、五重塔がたてられました。しかし時が経ち、個人で塔をたてるのが難しくなると、塔から細長い木の板に変わりました。ストゥーパの造立と供養は、多くの功徳を生むと考えられたため、当時の信者たちは競ってストゥーパをたてました。

※卒塔婆の歴史については諸説あります

PDFファイル
第4号表紙  第4号中見開き

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.