立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

お釈迦さまのおしえを弘めるところ

広島市白島山 妙風寺

【Hakutozan Myofuji】

730-0004 広島県広島市中区東白島町1-18

広島市白島山 妙風寺 ホーム>イベント・活動>『唱題行』

イベント・活動

イベント・活動

記事公開日:

『唱題行』

第一日曜日は、朝8時から信行会『唱題行』でした。
参加者はあまり多くありませんが、お題目の修行を続けています。
 
今後の『唱題行』の予定は下記の通りです。
 9月2日 信行会 午前8時より
10月7日 信行会 午前8時より
11月4日 信行会 午前8時より(御会式準備)
12月8日 成道会 午前6時半より
 
 
さて写真は、「法華経信行要文」(編著者湯川日淳 霊山会出版部 昭和29年発行)
 
唱題行といえば湯川日淳猊下。若い頃の私にとって長く足の痛い唱題行は苦手でしたが、20代の頃、この10cmx13cmの小さな信行要文を読み、唱題行の素晴らしさを理解できました。
 また、湯川猊下のことをよく知りませんでしたが、この信行要文を通し、猊下の考え方信仰の心得を学んだ気がしました。
 
ということで、「法華経信行要文」の中から一部紹介しましょう
 
—————————————–
 
第三部 信行の心得
 
三、法華経信仰の目的
 
法華経信仰の目的は、個人としては仏さまになることである。仏になる道は、菩薩行を行ずることである。菩薩道は、ほうとうの人間自身をしつて、ほんとうの人間の行いをすることである。ほんとうの人間とは、一人は人にあらずといわれるように、ただひとり人間ではなく、親の子であり子の親であり、夫の妻であり妻の夫であり、社会の自分であり、天地の子であり子の天地であり、人と人と、社会と社会と、天地と人一如一体の連帯関係で生きており、生かされている自分であることを知って、我利我欲の妄念妄想にとらわれず、公益利益を主として、人ともに生き、他人と共によろこぶことのできる人が、ほんとうの人間である。またこのように生きることが菩薩道である。すなわち日蓮大上人のご信念に生きることである。この大信念をもつて、生きること、働くこと、遊ぶこと、楽しむことのできる人が菩薩であり、本当の人間である。といつて、われわれの生活とかけはなれた観念的なものではない。われわれの日常の中で行えることである。われわれの日常茶飯事の中に、こうした人間になることから始まって、行をつみ徳をかさねて、現在から未来まで生々世々に精進して、最後に、知徳円満なる仏になることが、法華経の信仰の目的であることをはつきりと心得ねばならぬ。
 
——————————————-
 
霊山会は現在求道同願会となり、唱題行を弘めておられます。また信行要文も新しくなり大判になって読みやすくなっています。

前の記事へ

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.