立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

備前法華

金子山 松林寺

【Kanakosan Shorinji】

709-2136 岡山県岡山市北区御津紙工2083

金子山 松林寺 ホーム>寺ブログ>暦の話 その一 ~干支(えと)~

寺ブログ

寺ブログ

記事公開日:

暦の話 その一 ~干支(えと)~

今年(平成25年)の干支は何ですか?
と聞けば、皆さん “巳(み、へび)”と答えると思います。

でもこれだと半分だけの正解です。

干支は十“干”十二“支”の略称です。
十干と十二支を組み合わせたものが干支になります。

◯十干とは甲(きのえ)、乙(きのと)、丙(ひのえ)、丁(ひのと)、戊(つちのえ)、己(つちのと)、庚(かのえ)、辛(かのと)、壬(みずのえ)、癸(みずのと)

◯十二支とは子(ね)、丑(うし)、寅(とら)、卯(う)、辰(たつ)、巳(み)、午(うま)、未(ひつじ)、申(さる)、酉(とり)、戌(いぬ)、亥(い)

動物に例えらる十二支のほうが馴染み深くなったんですね。

干支は甲子(きのえね)から始まって、年が変わるごとに十干と十二支が上記の順で変わります。
ですから、甲子の次は乙丑、以降、丙寅、丁卯…と変わっていき、全部で60通りの組み合わせになります。

60年経って再び同じ干支になることを“暦が還る”として“還暦”と呼びます。

平成25年は癸巳(みずのとみ)です。

歴史に出てくる、壬申の乱とか戊辰戦争の名称はそれぞれ壬申(みずのえさる)、戊辰(つちのえたつ)の年に起こったことが由来です。

高校野球でお馴染みの甲子園は甲子(きのえね)の年に出来たので甲子園と名付けられたのです。

次回も干支について書きます。

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.