立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

六条門流 播磨本山(通称)九識霊断法・各種祈願・水子供養 千姫位牌堂を復元した本堂

姫路五軒邸 大乗山 法華寺

【Daijouzan Hokkezi】

〒670-0854 兵庫県姫路市五軒邸1-58

姫路五軒邸 大乗山 法華寺 ホーム>寺ブログ>なまぐさ説法 平成31年3月

寺ブログ

寺ブログ

記事公開日:

なまぐさ説法 平成31年3月

なまぐさ説法   自分は一体誰?何?        平成31年3

  三月になりました。だんだん暖かくなってきて、桜も咲き始める準備を始めます。気持ちに余裕が出てくる季節なので、今月は少し自分について考えてみましょう。
自分は誰なのか?生まれた時に名前をつけてもらったので、何何何男・何何何子ですと名乗れます。でも、それは人が、親がお前はこういう名前なのだよと言われたので、いつの間にか、自分はこういう者なのだと思っていませんか?でも、自分のことなんて実はわかっていません。体の中でどんなことが起こっているのか、こんな感情の時にこういう風になるのだとか、色々経験していって自分を知る機会になりますが、本当の自分とは何なのか。あまり考えた事はないですよね。仏教では無我という言葉で表現しています。自分とは無我であると言うのです。言葉通り、我は無い者。もともと自分なんてなかったと言うのです。自分は自分ではないと言う事です。なんか難しくなってきました。    本当の存在は心一つのみ。と言い切っているのです。仏教では八識といって、外に出ている姿(六識) 眼・耳・鼻・舌・身・意  これを表層と言います。中にある姿(二識) 末那識(まなしき)・阿頼耶識(あらやしき) これを深層と言います。
人は表層と深層でできていると言うのですね。特に深層に人は引っ張られやすく、思ってもいないことを突然引き起こしてしまうのです。目で見る、耳で聴く、鼻で嗅ぐ、舌で味わう、体で感じる、心で思う。全て当たり前です。でも、深層によって当たり前ではなくなっていきます。目で見たものが、自分と他の人では違うものに見える。耳で聴いたことが、他の人は違う音に聞こえる。良い匂いと思っていたら、他の人は臭いと言う。美味しいと思った食べ物が、自分以外の人がまずいと言う。同じように叩かれた人が、それぞれに違う痛みを訴える。良い映画を観たけど、自分の思っている感想と他の人は違う。これらのことはよくある事ですね。人は全て同じように表層を持っていますが、深層は全く別の物を持っています。それぞれ人は違う生活環境であったり、兄弟も両親の感じ方を小さい時から違う心で捉えています。書物から受け取る知識であったり、映像から受け取る知識であったり。人それぞれが違う深層を持っているので、同じ人間でも、同じではないのです。でも、仏教では表層も深層も構成という捉え方をします。ただ、生きていく上での構成であって、そのもの自体は自分ではないというのですね。じゃあ、自分は一体誰?一体何?仏教の唯識という考え方は、ただ心のみです。自分という存在は、ただ心のみがあるというのですね。その心に宇宙全体が収まっていると書かれています。人の頭で考えることは全て実現可能と言われます。科学者はモデルという概念で、まず理解しやすい世界を考えて実現化していきます。モデルは仏教では表層です。そして数式が深層かもしれませんね。数式が変われば全てが変わる。ガリレオガリレイは、宇宙は数学という言葉で書かれていると言いました。誰も地球が自転していることを信じなかった。それでも地球は動いている。地動説を唱えて裁かれているときに発した言葉です。姿・形を変えながら、全ては存在しているが本体は自分の別にある。まだ誰も信じていませんが、ブッダは人は死んでも「それでも人は生きている」と法華経に説かれました。法華経では、本体は永遠であり、決して滅しないものと書かれています。善も悪も死も自殺も行為であって、それを根本にして次の構成が変化していくだけ。本体は因・縁・果・報で永遠に変化していくと説かれています。その変化を妙法蓮華経と言います。深層を良い方向に導いてくれるものも妙法蓮華経。     そして前に上げた八識の次に九識(妙法蓮華経)があります。実はみんな妙法蓮華経だったのですよ。だから本体はみんな仏です。本体が仏であれば、この世界も浄土です。これを信じられるか、信じられないかは皆さんにお任せします。合掌
 

次の記事へ

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.