立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

洛東本山 頂妙寺 塔頭

妙相山 本立院

【honryuin】

606-8376 京都市左京区大菊町96

妙相山 本立院 ホーム>イベント・活動>【お彼岸の過ごし方③ 忍辱 のこと】

イベント・活動

イベント・活動

記事公開日:

【お彼岸の過ごし方③ 忍辱 のこと】

開催日: 2021年09月23日

本日はお彼岸のお中日。
お彼岸期間の真ん中の日であり「秋分の日」ですね
「秋分の日」とは、
「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ日」としても制定されているそうです。
ちゃんと「祝日法」として公布されてるのに、驚きました

さて、お彼岸のおはなしシリーズ3回目
本日は、「忍辱」についてのお話です

「忍辱」を、ぱっとみて、わかる方は同業者か詳しい人
そんな気がします
「忍辱」これは、「にんにく」と読みます
意味は、目的達成(仏道達成)のための困難にたちむかう!

お彼岸時期は、六波羅蜜の修行を行うようにする時期
それは、目的=仏道達成にむかうためでしたね

六波羅蜜の最初の修行は「布施」でした
こうしたら、いつでもどこでも誰でも修行できるよと修行方法を提案され
次の「持戒」で、怠けてないか?三毒に気をつけろと注意喚起していただいて
ここにきて、何のために行うのかと目的が明確にされ、君ならできる!と応援されてるように思います。

困難に立ち向かう。
一見、困難という壁は、力をつけるための試練
バージョンアップするための修行の1つかもしれません
ぱっとみてできない~と投げ出すのではなく
できることを考えて見る
こえられない壁はないはずですから

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.