立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

枯木祖師のきんたく山

金澤山 妙應寺

【Kintakusan Myooji】

920-0831 石川県金沢市東山2丁目14番59号

金澤山 妙應寺 ホーム>イベント・活動>寺庭婦人のための仏教講座 第23回

イベント・活動

イベント・活動

記事公開日:

寺庭婦人のための仏教講座 第23回

 3月28日(金)午後2時より、第23回「寺庭婦人のための仏教講座」を開講しました。2年間続けて来た講座も今日が最終回。最後くらい全員聴きに来てくれると思ったら、出席は9名。3名の方が今日もお休みです。年度末でお忙しいのか、あまりにも天気がいいので、どっか遊びに行かれたのか、それとも勉強するのが嫌になったのか?一度発心したんですから、しっかり継続してもらいたいもんです。結局、所長の奥さんも布教師会長の奥さんも、一度もお見えになりませんでした。こんなことで、この管内どうなっていくんでしょうかね。
 さて、愚痴はこの位にして、今日は日蓮大聖生人のご生涯の後半、竜口法難からご入滅までをお話しさせていただきました。法難に遭えば遭うほど「法華経の行者」としての自覚を高められ、権力に立ち向かっていく情熱はどこから湧いてくるのでしょうか。打たれても打たれても立ち上がる強靱な精神力、その万分の一も自分にあればと思います。その一方で、弟子に対する母親のような細やかな愛情。明日ご自身が佐渡に流罪になるという時に、土牢に幽閉されている弟子の日朗上人にあてたお手紙の中で、「日蓮は明日佐渡国へまかるなり。今夜のさむきに付ても、牢のうちのありさま、思やられていたはしく候へ」と述べられているのをご紹介したおりに涙があふれてきたのを、奥さん方に見られたかも知れません。
 とにかく終わりました。宗門の大学を出ていない私にとって無謀な挑戦であったかも知れません。奥さん方にどこまで理解していただいたかもわかりません。ただ、私が大変勉強になったことは間違いありません。参考文献にさせていただいた『仏教、本当の教え』の著者である植木雅俊先生からメールをいただいたりもして、びっくりです。ずっと肩に乗っかっていた重しが取れて、軽くなったんですが、さて明日から何をしよう。あっ、そうですね。勉強ですよね、死ぬまで。
 もう一度、自分に。ご苦労さまでした。合掌

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.