立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

いのちに合掌

三重県菰野町 天龍山 泰平寺

【Tenryusan Taiheiji】

〒510-1222 三重県三重郡菰野町大字大強原2-1

三重県菰野町 天龍山 泰平寺 ホーム>寺ブログ>秋季彼岸会

寺ブログ

寺ブログ

記事公開日:

秋季彼岸会

合掌

9月21日(日)に泰平寺本堂にて秋季彼岸会を厳修いたしました

当日はお天気にも恵まれ快晴で参拝日和だったと思います

檀信徒のみなさんと読経、回向した後に少し法話をさせていただくのですが、

今回は「日蓮宗全国檀信徒協議会」制作の小冊子「合掌 お題目~7つの教え」

の一部より「幸せの祈り」を紹介させて頂きました。

内容は以下の通りです。

「手のひらのしわとしわとを合わせてしあわせ」と言われるように、合掌することは幸せにつながります。そして「幸せでありたい」と祈るすがたこそが合掌であります。
そこで《幸せ》という漢字を見つめてみました。すると《辛い》という漢字によく似ていることに気がつきました。《幸せ》に熟れ、驕る心が生れると、失う部分ができて《辛く》なり、《辛く》て、なにもしないと《辛い》ままだけれども、少し頑張って加えると《幸せ》になるよと、漢字が教えてくれているように思わされます。さらにどちらも左右対称です。だから《幸せ》も《辛い》も一方的なものではありませんよ。《幸せ》は分かち合うものであり、《辛さ》はお互いに受け止めるものです。と諭されているように感じます。
意味が逆なのに、こんなに似ている漢字ですが、大きく異なることがあります。それは《幸せ》は上下にも対称ということです。《幸せ》とは上下左右に対称で、どこから見ても同じ姿の《円か》なるものだと漢字が示してくれているように思います。手を合わせ《円かなる心》になる。これが合掌の祈りなのです。

再拝

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.