立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

いのちに合掌

三重県菰野町 天龍山 泰平寺

【Tenryusan Taiheiji】

〒510-1222 三重県三重郡菰野町大字大強原2-1

三重県菰野町 天龍山 泰平寺 ホーム>寺ブログ>盂蘭盆(お盆)

寺ブログ

寺ブログ

記事公開日:

盂蘭盆(お盆)

8月に入り
益々暑さが増してきたようです。
地方によっては7月盆、8月盆とあると思いますが、
皆さんもお墓参りや菩提寺の御上人に家に来ていただいて
棚行をしてもらうと思います。
お勤めをする際に、御題目と一緒に大聖人のこの御遺文も拝読していただくと
宜しいかと思います。

盂蘭盆御書
目連尊者が法華経を信じまいらせし大善は
我が身仏になるのみならず父母仏になり給う、
上七代、下七代・上無量生下無量生の父母達存外に
仏となり給う、乃至子息・夫妻・所従・檀那・無量の衆生・
三悪道をはなるるのみならず皆初住・妙覚の仏となりぬ、
故に法華経の第三に云く「願くは此の功徳を以て普く一切に及ぼし
我等と衆生と皆共に仏道を成ぜん」云々

現代訳

目連尊者が法華経を信じ奉った大善は、我が身が仏に成るだけでなく、目連尊者の父母
もまた、仏に成るのであります。
 そればかりか、上七代の祖先から下七代の子孫まで、更には、上無料生(数えきれない
ほど繰り返して生を受けること)・下無量生の父母等も、漏れなく仏に成るのであります。
 それに加えて、代々の子息・夫妻・所従(家来)・檀那・無量の衆生等も、三悪道(地獄
・餓鬼・畜生)を離れることが出来るだけでなく、皆、初住(菩薩の不退の位)・妙覚
(五十二位の最高位→無上の仏の位)の仏と成ることが出来ます。

 故に、法華経の第三巻の化城喩品第七には、「願わくは、この功徳を以って、普く、
一切の人に及ぼして、我等と衆生とが、皆、共に仏道を成ずることが出来るように。」
と、仰せになられています。

 

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.