立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

アットホームがモットー

安産祈願・成長祈願・厄除祈願!開山450年 妙好寺

【Myoueisan Myoukouji】

2720001 千葉県市川市妙典1-11-10

安産祈願・成長祈願・厄除祈願!開山450年 妙好寺 ホーム>寺ブログ>掃除嫌いな方へ☆お坊さんはなんで掃除を??

寺ブログ

寺ブログ

記事公開日:

掃除嫌いな方へ☆お坊さんはなんで掃除を??

皆様こんにちは。
妙好寺の弟子でございます。

主に主婦の方、こんなことはありませんか?
なんで毎日毎日掃除ばかりしなくてはいけないの。。。。

はい、その気持ちわかります。

私は一般家庭育ち、27才で出家し僧侶とならせて頂きました。
紆余曲折を経て僧侶となることを決意致しました。

それまで僧侶と言えば、一休さん(アニメ)の掃除のイメージしかなく
江戸時代にタイムスリップするようで何だか嫌だな・・・と思っておりました。

しかし、こうして現在僧侶として活動させている中で、掃除が日に日に好きになってきました。
なで好きになったかと申し上げますと、掃除のする意味を見出したからです☆

Qなぜ掃除するのか??
 
我々日蓮宗の開祖 日蓮大聖人は『一生成仏鈔』という遺された御文書の中で次のように
述べられています。

「一念無明の迷う心は磨かざる鏡なり。是を磨かば必ず法性真如の明鏡と成るべし。
深く信心を発して、日夜朝暮に又懈らず磨くべし。」

と説かれております。

古文が苦手な方ご安心を。現代語訳です↓

「曇った鏡で自分を見ても何も見えてこない。心の鏡の雑草を取って、落ち葉を掃除して、
きれいに磨きあげる事によって、心の鏡は自分自身の仏の姿を写し出してくれる。」

とおっしゃっているのです。
 
自分の心はきれいにしたと思ってもまた汚れます。

これは掃除と全く同じなのですね。

  私たちが掃除をするのは、汚すことを前提にしています。

でも、どうせまた汚れるからといってほったらかしにはしない。

汚れたらまた掃除をするということは、私たちの生きる姿を表わしています

掃除をすることによって、心のお掃除をする手段となるということです☆
 
 

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.