文字サイズ
標準
拡大

難避けの白いお猿さん

猿畠山 法性寺

【enpakuzan hossyouji】

249-0001 神奈川県逗子市久木9-1-33

猿畠山 法性寺 ホーム>寺ブログ>2020.8.23

寺ブログ

寺ブログ

記事公開日:

2020.8.23

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
記事の内容やリンク先については現在と状況が異なる場合がありますのでご注意ください。

お盆も無事に終わりましたが、今さらながらお盆と、よく聞く「お施餓鬼(おせがき)」について。
こちらのブログページの右側に、毎月「今月の聖語」という欄をご覧になっていらっしゃると思います。
「花は根に還り、真味は土にとどまる」
私達一人ひとりは、「○○家一族」という木に咲いた、一輪の花です。
そして、一輪の花から、根本に栄養を落とすことができます。そうして木自体を強くする。それが、お盆やご法事、家のお仏壇にお参りすること。
また、この木は荒野に一本立っているわけではありません。大きな森の中の一本です。隣の木や、もっと遠くまで、森中の木に栄養を落とすこともできます。これが「お施餓鬼」です。
自分が咲いている木をいつまでも元気にするためには、立派な森が必要なのです。
「自分がいただいてきた(食べてきた)食べ物達に感謝を」というのが一般的な「お施餓鬼」の説明ですが、自分とは直接関わらなかった存在達もまた、森の一員です。
「お盆」は夏の時期だけですが、「お施餓鬼」は決まった時期はありません。特に今は人間達の木がコロナウイルス達の木に悩まされています。
「ウイルスに栄養をあげて元気にしましょう!」というのではなく、ウイルス達もまた、この森に生きる木なのだと伝えるために、「共に生きよう」という思い=栄養を届けてあげてはいかがでしょうか。

写真の木は、「ネムの木」と言って、葉が合掌する(手を合わせる)ように閉じるおもしろい木です。

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
記事の内容やリンク先については現在と状況が異なる場合がありますのでご注意ください。

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.