立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

四條金吾頼基公入寂之霊場

正住山 内船寺

【Shojyuzan Naisenji】

409-2305 山梨県南巨摩郡南部町内船3599 

トピックス

記事一覧へ

ごあいさつ

当山は、日蓮上人の熱心な信者、四條金吾頼基公が建治3年(1277)、邸内に三間四面の持仏堂を建立したのにはじまる。
 四條金吾公は四條中務三郎左衛門尉頼基といい、時の執権北条泰時の甥にあたる江馬入道光時の家臣で、夫婦そろって深く日蓮聖人に帰依し、鎌倉に在って「法華宗の四條金吾」と名高く、常に日蓮聖人の庇護につとめた。また医薬にも通じ、主君光時の大病を平癒させた功によって、此処内船の地を与えられたものであるという。
 日蓮聖人の晩年の看護にもつとめ、宗祖滅後は身延山に近い内船に住み祖師の霊廟に仕えた。頼基公は正安2年(1300)3月15日、71歳で没し、室日眼女は3年後の嘉元元年(1303)3月15日に亡くなっている。夫妻の廟は五輪塔で頼基公の法名は収玄院日頼、室日眼女は殊勝院日眼と号している。なお、夫妻の墓側には愛娘月満御前が葬られている。
 現在の建物は、寛政、安政の三度の火災のためその後の建立である。寺宝は頼基公夫妻の木像のほか、日蓮木像、四天王像、半鐘薬のいわれのある小梵鐘などがあり、境内には俳人大野林火の句碑がある。
 

基本情報

寺院名称 正住山 内船寺(ないせんじ)
住所 409-2305 山梨県南巨摩郡南部町内船3599
電話番号 0556-64-2219
お問い合わせ先 naisenji@yahoo.co.jp

このページの先頭へ

報恩浄行『父母への手紙』募集

報恩浄行『父母への手紙』募集

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.