立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

福の神 お稲荷さん

宮城県しおがま市 寶龍山 顕妙寺

【Horyuzan Kenmyoji】

〒985-0072 宮城県塩竈市小松崎4番21号

宮城県しおがま市 寶龍山 顕妙寺 ホーム>寺ブログ>当山沿革

寺ブログ

寺ブログ

記事公開日:

当山沿革

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
記事の内容やリンク先については現在と状況が異なる場合がありますのでご注意ください。

戦前より塩竈市香津町の住宅(初代住職の兄、日野義一宅)に三仏講という法華経信仰の集まりがあった。
そこには、羽生田先生という方が法華経を解説し方々から人が集まった。
第二次世界大戦中、香津町が焼け野原になる可能性が高まり、現顕妙寺本堂より南の地に防空壕を掘り、そこに御本尊と日蓮聖人像を移し、法華経御題目信仰を始めた。
戦後、その防空壕の北西の土地に初代住職(日野義次、恵台)の父(日野栄吉)が、利府町から毎日リヤカーで石を運び積み、六畳間二部屋ほどの御宝前を作った。
そこで太鼓を叩いて御題目信仰をしていた。
仙台 智遠寺 梅森寛悦上人に回向や祈祷をして頂き、御導き頂く。
毎月1日、8日、15日を月例の御講日と定め、だんだんと多くの人が集まったという。
「講中の中からも僧侶を出そう」との声が上がり、初代住職が日蓮宗僧侶を志し、梅森寛悦上人に師事し修行する。
42歳で日蓮宗大荒行(身延行堂)初行、立て続けに5回入行するも成満した。
講中で、「お寺を作ろう」と発心し、現顕妙寺檀信徒会館入口付近に四畳半の御宝前を設け移転した。
日野義春(初代住職の弟)が、現顕妙寺檀信徒会館広間付近に20畳ほどの本堂を建てた。
その頃に顕妙教会と称した。
昭和50年11月3日、現顕妙寺本堂が完成し、
塩竈市より「教会」から「寺」にしてはどうかと提案があり、顕妙寺と称した。
昭和62年に子安子育観世音菩薩を勧請、観音堂完成。
平成4年、境内墓地新規造営。
平成11年8月18日、初代住職遷化(数89歳)。
平成13年4月、庫裡完成。
平成14年4月7日、顕妙寺会館完成。
令和2年10月14日、稲荷堂竣工。
以上

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
記事の内容やリンク先については現在と状況が異なる場合がありますのでご注意ください。

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.