文字サイズ
標準
拡大

洛東本山 頂妙寺 塔頭

妙相山 本立院

【honryuin】

606-8376 京都市左京区大菊町96

妙相山 本立院 ホーム>寺ブログ>妙法蓮華経の持久走 法華七諭 髻中明珠の譬え

寺ブログ

寺ブログ

記事公開日:

妙法蓮華経の持久走 法華七諭 髻中明珠の譬え

 髻中明珠の譬えは、妙法蓮華経安楽行品第十四に説かれます。お釈迦さまが文殊師利菩薩に説かれます。

 世界を統一するという転輪聖王は、諸国を降伏させるにあたり、勲功をあげた部下たちに、宝物や領地など様々な報償をあたえます。ただし髻(もとどり)の中の明珠だけは部下に与えません。明珠は二つと無い転輪聖王の宝であり、不用意に与えると、部下たちが大いに驚き怪しむため、勲功をなしたとしても与えません。大勲功をなした部下にのみ、髻の明珠をあたえます。

 この諭えは転輪聖王がお釈迦さま、宝石や領地が法華経以前のお経、明珠は法華経にあたります。弟子たちがお釈迦さまとともに修行を重ね、様々なお経が説かれました。しかし、お釈迦さまの本意である法華経は、容易には説かれませんでした。法華経は信じがたく解しがたく、弟子たちが誤解しないように説かれなかったのです。
 今まで大事に守り、みだりに説かれることなかった法華経が、弟子たちのためにひろく説かれたのです。

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.