立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

笑顔と感謝を大切に

清林山 光遠寺

【Seirinzan Kouonji】

〒452-0931 愛知県清須市一場1298

ごあいさつ

【光遠寺の縁起】
 慶長17年(1612年)、徳川家康による「清洲越し」の命により、清洲にあった全ての日蓮宗寺院は現在の名古屋市内へと移されました。当山はその40年後、承応元年(1652年)4月5日、開山上人である慈雲院日昇上人により、清洲地区で唯一の日蓮宗寺院として建立されました。開基檀越の知多城主高津文左衛門が清洲に隠棲し、子の光遠の菩提の為、屋敷を寺とし名古屋聖運寺の日昇上人を迎えたことに始まります。また、当山第2世にあたる中興心性院日布上人は多勢の武士を檀家講中として寺格を整えられました。
 その後当山は、明治24年(1891年)の濃尾地震で本堂が倒壊するも、38年に再建、更に昭和20年(1945年)には戦災により全焼しましたが、同28年に本堂を、52年には庫裡、書院を新たに建立し、現在の寺観に至ります。

基本情報

寺院名称 清林山 光遠寺(こうおんじ)
住所 〒452-0931 愛知県清須市一場1298
電話番号 052-400-3187
お問い合わせ先 kouonji1652@gmail.com

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.