立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

鬼子母神と縁切り地蔵

修瑞山 大蓮寺

【Shuzuizan Dairenji】

〒407-0024 山梨県韮崎市本町2-12-1

ごあいさつ

初めまして!大蓮寺の32代目の住職、望月義仁です。宜しくお願いします。
 さて、創立は、天正14年(1586年)3月25日、法性房日妙上人の開創です。当初は、現在の南アルプス市若草町鏡中条の地にあって、27世まで法灯を若草町で継承されてきました。

 一方、韮崎において、明治14年に妙法講社が、16名の信徒によって設立されたのでした。その妙法講杜の信徒は、年々増加して、明治21年(1888年)には140名となり、同年6月21日には、妙法講杜を改めて妙法教会としたのでした。

 しかし、信徒が増大するにつれて、新たに寺号と住職を切望するようになりました。そこで、新しく寺を建立することを願い出たのですが、明治維新後の廃仏毀釈政策により、新寺建立が一切認められず、代表者が身延山に詣でて何とか願いが成就できるようにと嘆願したのでした。
 いろいろと思案をした結果、若草町にあって檀家が少ない大蓮寺を移地転寺することになったのでした。2年後の明治23年(1890年)四月、現在の地に修瑞山大蓮寺が誕生したのでした。その時に山号を修随山から修瑞山に改字されました。妙法教会という名称は、正式には二年間しか使われていませんでした。
 若草町にあった頃の大蓮寺は、甲府市の饗場豊吉(脇本陣をしていた大竹屋の子孫)氏の保存する「大蓮寺所有物件寄付願」(参考資料1)によると、境内地375坪あり、その中に五間の五間半の大きさの本堂と、二間の二間半の大きさの清正堂が建立されており、その他に田が1289坪、畑が267坪所有していたのですが、大蓮寺を韮崎に移すに当り、本寺の長遠寺に所有財産の全てを寄付して、裸一貫で韮崎に法華経の布教拠点を求めたのでした。
 その時、現在の場所に堂宇を建設するにあたり、敷地並びに建設費などに多大な貢献をしたのほ、本願人として饗場豊吉氏、岩下丑五郎氏、滝田啓蔵氏、饗場由蔵氏、花輪与一右衛門氏、山寺好太郎氏、阿部文兵衛氏、信徒として源村塩ノ前の塩谷宇吉氏などが進んで浄財を喜捨したのでした。
 明治37年発行の「日本社寺明鑑」(参考資料2)によると、移転当時の境内地は間口が現在の倍以上の広さがあり、白壁に囲まれ、木も植えられ、お寺らしい雰囲気が感じられます。この図面の建物は、良く見るとほとんどが設計中となっており、完成しているのは貸長屋だけのようです
 しかし、その時の本願人の財力そして熱意から推し量って、けっして実現不可能なこととも考えられないので、その当時の社会情勢(日清・日露戦争)などのため、計画を変更したのだと思います。
 韮崎に移転した時の住職は、第28世望月義悦日正上人で、二十代の若さで名声高く、前述の本願人たちが身延山に願い出て住職となってもらったとのことです。
 日正上人には数十人ものお弟子がいて、韮崎地区の布教に努められ、数々の法力を発揮して檀家を増大させ、現在の大蓮寺の発展に多大な功績を残しています。その後、第29世高見義竜上人、第30世望月義見上人、平成元年の2月3日に遷化した第31世望月義純上人、そして現在の私が第32世と法灯が続いているのです。
 現在の大蓮寺は、境内地が戦後の農地解放その他により狭くなり、特に表の入口の方がかなり狭くなってしまったようですが、皆様御存知のように、第31世の義純上人の時に、櫨家のご協力を得て本堂、客殿などが完成して、図面のような景観に近付いてきました。また、第32世の時には、日蓮聖人像並びに縁切り地蔵尊が建立されました。

基本情報

寺院名称 修瑞山 大蓮寺(だいれんじ)
住所 〒407-0024 山梨県韮崎市本町2-12-1
電話番号 0551-22-0538
お問い合わせ先 mjin1219@gmail.com

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.