立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

菩提寺は心のオアシス 唱える良薬お題目 おかげさまの心で幸せを

法高山 本行寺

【hongyoji】

289-1326 千葉県山武市成東2565

法高山 本行寺 ホーム>寺ブログ>庫裡新築記録5(2階蓑甲)

寺ブログ

寺ブログ

記事公開日:

庫裡新築記録5(2階蓑甲)

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
記事の内容やリンク先については現在と状況が異なる場合がありますのでご注意ください。

7月3日に当山庫裡の設計を担当した(株)金剛組の1級建築士2名と工事部部長が来寺して、副棟梁と蓑甲部分の施工について打合せをした。
 蓑甲とは、屋根の妻側部分の野地がゆるく曲線を描いて、矢切のほうへ下っている状態を言い、反った屋根の下地と、破風の間の段差を曲線で接続する部分の事をいう。
 施工は、主に7/5~6の2日間で行われた。最初に駒額(こまびたい)と呼ばれる棟と軒付けを繋ぐ部材を、棟から軒付けへ少し下り勾配を付けて取り付ける。次に杉の35㎜程の厚さの材料をアールを付けて切り抜いた蓑甲の下地になる型板(櫛型とか骨板という)を取り付け、その上に箕甲桟(杉の五分角材)を順に打ち付け曲線を形成していく。仕上げに鉋で削りなめらかで美しい曲線の蓑甲の完成です。
 屋根の反りも、蓑甲の曲線も、雨水を滞留させず、素早く水切れさせるための工夫であり、社寺建築の機能美の代表的なものの一つであるという。この微妙なラインは、寺社建築に受け継がれ続ける文化である。

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
記事の内容やリンク先については現在と状況が異なる場合がありますのでご注意ください。

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.