立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

開山六老僧日昭上人 狩野家所縁

長栄山 南之院

【Minaminoin】

〒146-0082 東京都大田区池上2-11-15

ごあいさつ

[縁起]
弘安5年(1282)日蓮聖人の直弟子の中でも最長老の日昭聖人の庵室として開創。日蓮聖人の滅後、日昭聖人はこの庵室にあって本門寺を守ったと伝えられている。古くは大坊の西側にあり、大成弁院とよばれた。江戸期には幕府の御用絵師狩野家の菩提所として大いに栄えた。また、本堂内陣の竜の天井画は狩野探玄の筆によるものである。
 
[住職からのメッセージ]
本堂は江戸時代後期に建立されたものです。時代を越え、いまあることに不可思議の力を感じませんか? 心を研ぎ澄まし、いまある尊いご縁に感謝の祈りを捧げましょう。 合掌

【Origins】
Minaminoin Temple was founded in 1282 as the residence of Nissho Shonin, who was the oldest direct diciple of Nichiren Shonin at the time. In the Edo period, the temple prospered as the main temple of the Kano School of art, which included many famous painters in Japan. The painting of the dragon on the ceiling of the inner chamber of the main hall was painted by Kano Tangen. 
 
【Message from the Chief Priest】
This temple was founded in the late Edo period. Don’t you feel the mysterious power of its long history? Let’s pray for a precious relationship between you and the Nichiren Order.
 
 
 
【A brief explanation of Nichiren Shonin and Ikegami 】
 
Nichiren Shonin (1222-1282) was a priest in the mid-Kamakura period and founder of the Nichiren Shu of Buddhism. “Shonin” means a “reverend priest.”
Nichiren Shu is a Buddhist Order that was founded more than 750 years ago. “Shu” simply means “Order.”
Nichiren Shonin founded Ikegami Honmonji Temple just before his death in October of 1282 at the request of Ikegami Munenaka, a wealthy feudal load and faithful follower.

基本情報

寺院名称 長栄山 南之院(みなみのいん)
住所 〒146-0082 東京都大田区池上2-11-15
公式サイト http://www.tokyonanbushumusho.com/jiin/?targ_jiin=minaminoin

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.