立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

 

東京都大田区 覚源院

【Kakugenin】

〒146-0082 東京都大田区池上2-11-5

ごあいさつ

[縁起]
室町時代(1393頃)の開創。当初は蓮池院とよばれ池上の西谷にあったという。天文2年(1533)大坊ほか7ヶ寺が火災に遭った後、東谷に移り、妙法坊とよばれるようになる。元亀4年(1573)再び焼失し本門寺祖師堂の東に移る。江戸前期、井出家の厚い外護を受け井出寺とよばれたが、元禄3年(1690)本門寺の防火対策により西谷宝樹坊の跡地(現在地)に移転。宝暦年中(1751〜1764)に井出為成の法号から覚源院と改称された。
 
[住職からのメッセージ]
歩いて健康、手と手を合わせて心に栄養。
今日の感謝と明日への祈り、池上の歴史に触れましょう。

【Origins】
Founded in 1393, at first called Renchiin Temple, Kakugenin Temple was said to have been in the west valley in Ikegami.
After being burned down twice, it was moved to the east of Soshido in Honmonji Temple in 1573.
In the early Edo period, it was renamed Ideji Temple after its patronfamily.  Finally, it was moved to its current location in 1690 as a measure to protect Honmonji Temple from fire.
In the 18th century, it was renamed Kakugenin Temple after Ide Tamenari’s Buddhist name.
 
 
 
【Message from the Chief Priest】
Walking makes you healthy.
Putting your hands together in prayer gives your heart vitality.
Give thanks for today and pray for tomorrow.
Let’s learn about the history of Ikegami.
 
 
 
【A brief explanation of Nichiren Shonin and Ikegami 】
 
Nichiren Shonin (1222-1282) was a priest in the mid-Kamakura period and founder of the Nichiren Shu of Buddhism. “Shonin” means a “reverend priest.”
Nichiren Shu is a Buddhist Order that was founded more than 750 years ago. “Shu” simply means “Order.”
Nichiren Shonin founded Ikegami Honmonji Temple just before his death in October of 1282 at the request of Ikegami Munenaka, a wealthy feudal load and faithful follower.

基本情報

寺院名称 東京都大田区 覚源院(かくげんいん)
住所 〒146-0082 東京都大田区池上2-11-5

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.