立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

 

東京都大田区 西之院

【Nishinoin】

146-0082 東京都大田区池上2-10-15

ごあいさつ

[縁起]
日蓮聖人滅後40〜50年頃(1322〜1332)の開創。日蓮聖人が池上宗仲公の館に逗留されていたとき、直弟子日興聖人の庵室として創建されたと伝えられ、その弟子日法聖人を開山とする。もとは市野倉村の貴船神社(明治期に太田神社に合祀)そばの松や柏の鬱蒼とした山の中にあったが、いつの時代にか当地に移された。寛永年間(1624〜1644)以後に日法聖人の庵室といわれる宝樹坊と合併し、西之院と号した。
 
[住職からのメッセージ]
お参りいただきありがとうございます。
お気をつけてお出掛けください。

【Origins】
Nishinoin Temple was founded by Nippo Shonin in 1322-1332, 40 or 50 years after Nichiren Shonin passed away. It was also said to be built as a hermitage for Nikko Shonin, one of the disciples of Nichiren Shonin.
At first, the heritage was in the dense mountains with pine trees and oak trees near Kifune Shrine. It is not known when the hermitage was moved to its present location.
In the 17th century, the hermitage merged with Hojubo Temple, which was a hermitage for Nippo Shonin and named Nishinoin Temple.
 
 
【Message from the Chief Priest】 
Thank you for visiting us.
Take care when you come to our temple.
 
 
 
【A brief explanation of Nichiren Shonin and Ikegami 】
 
Nichiren Shonin (1222-1282) was a priest in the mid-Kamakura period and founder of the Nichiren Shu of Buddhism. “Shonin” means a “reverend priest.”
Nichiren Shu is a Buddhist Order that was founded more than 750 years ago. “Shu” simply means “Order.”
Nichiren Shonin founded Ikegami Honmonji Temple just before his death in October of 1282 at the request of Ikegami Munenaka, a wealthy feudal load and faithful follower.

基本情報

寺院名称 東京都大田区 西之院(にしのいん)
住所 146-0082 東京都大田区池上2-10-15

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.