立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

 

東京都大田区 真性寺

【Shinshoji】

〒146-0082 東京都大田区池上2-9-6

ごあいさつ

[縁起]
寛永2年(1625)に本門寺16世日遠聖人によって麻布今井町に開創された。
当寺に安置されている帝釈天像は、もと13代将軍徳川家定の侍医佐竹文好の屋敷にあったもので、安政3年(1856)に当寺に遷され、幕末より大正期にかけて庚申の日には麻布の帝釈天とよばれて縁日の市が立ち大いに賑わったという。
戦災で全焼したため、昭和27年(1952)現在地に移り再建された。
 
[住職からのメッセージ]
人権:考えよう相手の気持ち、育てよう思いやりの心。
We are free and equal on a basis of dignity and right.

【Origins】
Shinshoji Temple was founded in 1625 by Nichion Shonin at Azabu-imaicho in Minato Ward.
Taishakuten, one of the guardian deities of Buddhism, was believed to be in the house of a personal doctor for Tokugawa Iesada, the 13th Shogun. Taishakuten has been enshrined in the temple since 1856. Many people visited the temple during a temple festival for Taishakuten.
After being burned down during World War Ⅱ, it was rebuilt in its current location in 1952.
 
【Message from the Chief Priest】
Let’s think about the feelings of others and deepen our consideration for others. This is a human right.
We are free and equal on the basis of dignity and right.  
 
 
 
【A brief explanation of Nichiren Shonin and Ikegami 】
 
Nichiren Shonin (1222-1282) was a priest in the mid-Kamakura period and founder of the Nichiren Shu of Buddhism. “Shonin” means a “reverend priest.”
Nichiren Shu is a Buddhist Order that was founded more than 750 years ago. “Shu” simply means “Order.”
Nichiren Shonin founded Ikegami Honmonji Temple just before his death in October of 1282 at the request of Ikegami Munenaka, a wealthy feudal load and faithful follower.

基本情報

寺院名称 東京都大田区 真性寺(しんしょうじ)
住所 〒146-0082 東京都大田区池上2-9-6

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.