立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

 

喜昇山 本成院

【Honjoin】

〒146-0082 東京都大田区池上1-35-3

ごあいさつ

[縁起]
弘安5年(1282)日蓮聖人の直弟子 日向聖人の庵室として開創。はじめは池上の北谷の地「とどめき」という所にあり、北之坊または喜多院とよばれた。その後、東谷にあった本成坊が廃寺となりこれと合併、再興された。
慶長年間(1596〜1615)本門寺13世 日尊聖人の隠棲地として整備されたが、宝永年間(1704〜1711)に火災で焼失。享保年間(1716〜1736)に現在地に移り再建、本成院と称するようになった。
 
[住職からのメッセージ]
境内に入ったときに、何か感じることがあるかもしれません。有意義な時を過ごしてください。合掌

【Origins】
In 1282, Honjoin Temple was founded in Ikegami at “Todomeki,” the north valley. Originally, it served as the hermitage of Niko Shonin and was called Kitanobo or Kitain. Later, it was improved and became the hermitage of Nisson Shonin, the 13th Chief Abbot of Honmonji. It was burnt down in the early 18th century. It was then reconstructed at its present location and called Honjoin. 

【Message from the Chief Priest】
You may feel something when you enter the precincts of this temple. I hope you have a meaningful time here.
 
 
 
【A brief explanation of Nichiren Shonin and Ikegami 】
 
Nichiren Shonin (1222-1282) was a priest in the mid-Kamakura period and founder of the Nichiren Shu of Buddhism. “Shonin” means a “reverend priest.”
Nichiren Shu is a Buddhist Order that was founded more than 750 years ago. “Shu” simply means “Order.”
Nichiren Shonin founded Ikegami Honmonji Temple just before his death in October of 1282 at the request of Ikegami Munenaka, a wealthy feudal load and faithful follower.

基本情報

寺院名称 喜昇山 本成院(ほんじょういん)
住所 〒146-0082 東京都大田区池上1-35-3

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.