立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

 

東京都大田区 心浄院

【Shinjoin】

〒146-0082 東京都大田区池上1-19-28

ごあいさつ

[縁起]
元亨3年(1323)本門寺3世 日輪聖人が、日蓮聖人の故郷安房や、ご自身の故郷平賀を遠く望む当地に庵室をつくり大泉坊と称した。日輪聖人在世中に日徳聖人が再興し心浄院と改称したと伝えられるが、享保年間(1716〜1736)の火災で資料を焼失、その年代などは不明である。また、檀越の小木氏は日蓮聖人が佐渡流罪のとき弟子の日朗聖人に教化された島民で、日朗聖人を慕い池上に住み当院を興したとも伝えられる。
 
[住職からのメッセージ]
笑顔。和顔施を行いながら皆で池上朗師講の寺をお参りください。

【Origins】
In 1323, Nichirin Shonin, the third Chief Abbot of Honmonji Temple founded a hermitage in this place because in the distance he was able to see Awa province, which is Nichiren Shonin’s hometown. It was called Daisenbo. It is said that Nichirin Shonin revived the temple and renamed it “Shinjoin.” However, the details are unknown because documents about the temple were lost in a fire.
It is also said that Mr. Ogi, a supporter of the temple, founded this temple.
He respected Nichiro Shonin, and for this reason he moved Shinjoin Temple from Sado Island.
 
 
【Message from the Chief priest】
Smiling is essential.
Please visit the “Roshi-ko” temples with a smile.
 
 
*Wagan-se is one of the seven charities without a fortune in Buddhism.
It is an act that always touches people with a gentle smile.
 
 
 
【A brief explanation of Nichiren Shonin and Ikegami 】
 
Nichiren Shonin (1222-1282) was a priest in the mid-Kamakura period and founder of the Nichiren Shu of Buddhism. “Shonin” means a “reverend priest.”
Nichiren Shu is a Buddhist Order that was founded more than 750 years ago. “Shu” simply means “Order.”
Nichiren Shonin founded Ikegami Honmonji Temple just before his death in October of 1282 at the request of Ikegami Munenaka, a wealthy feudal load and faithful follower.

基本情報

寺院名称 東京都大田区 心浄院(しんじょういん)
住所 〒146-0082 東京都大田区池上1-19-28

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.