立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

熊谷稲荷大明神奉安

妙教山 法養寺

【Hoyoji】

〒146-0082 東京都大田区池上1-19-25

ごあいさつ

[縁起]
天正15年(1587)頃、神田三河町に開創。慶長年間(1596〜1615)幕命により下谷稲荷町に移転。江戸城西御丸と大奥の祈祷所となり「わら店の法養寺」とよばれた。また、境内に熊谷稲荷大明神を祀り、江戸市中の信仰を集めた。
明治43年(1910)当地にあった妙教庵と合併し、翌年この地に移った。妙教庵は、もと当地にあった蓮光坊が荒廃したため9代将軍家重に仕えた妙教尼が寛保3年(1743)再興した寺である。
 
[住職からのメッセージ]
知恩報恩

【Origins】
This temple was founded in Misakicho, Kanda district, around 1587. During 1596-1615, it was ordered to be moved to Shitaya-Inaricho by the Tokugawa Shogunate.
It became the place of prayer for the people in the Edojyo-nishi-omaru (west wing of the Edo castle) and O-oku (the inner palace of the Edo castle). This temple was dedicated to Kumagaya Inari Daimyojin. This Inari Shrine was worshipped all over by Edo citizens. Inari Shrine is a tutelary, or guardian, of the people. It is dedicated to the gods of the harvest and industry.
 
 
【Message from the Chief Priest】
Chi-Ong-Hoe-Ong
Know that you are receiving benefits and be grateful for them.
 
 
 
【A brief explanation of Nichiren Shonin and Ikegami 】
 
Nichiren Shonin (1222-1282) was a priest in the mid-Kamakura period and founder of the Nichiren Shu of Buddhism. “Shonin” means a “reverend priest.”
Nichiren Shu is a Buddhist Order that was founded more than 750 years ago. “Shu” simply means “Order.”
Nichiren Shonin founded Ikegami Honmonji Temple just before his death in October of 1282 at the request of Ikegami Munenaka, a wealthy feudal load and faithful follower.

基本情報

寺院名称 妙教山 法養寺(ほうようじ)
住所 〒146-0082 東京都大田区池上1-19-25

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.