立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

日本で一番「ありがとう」と言われ「元気の出る」お寺・ご祈祷成満の寺

旧牛堂さん・石用山 涌泉寺

【Sekiyouzan Yousenji】

〒563-0113 大阪府豊能郡能勢町倉垣1773 

トピックス

記事一覧へ

ごあいさつ

*日本で一番「ありがとう」と言われ、「元気」が出るお寺・人形供養の寺=涌泉寺へようこそ

当山は、元「龍泉寺」と号す真言寺でした。弘仁十一年(820)弘法大師空海により開創されたらしい。江戸時代の寛永六年(1629)三月十五日開山法性院日侃上人によって日蓮宗に改宗、山号を石用山(せきゆうざん)寺号を涌泉寺(ゆうせんじ)として現在に至っております。そこで西暦2020年には開創以来1200年を迎えます。堂内には能勢町と大阪府の重要文化財に指定された仏像を有する能勢でも、檀家の有しない古刹のお寺です。
能勢町の重要文化財の大威徳明王は当山の開創と同じ1200年も檀信徒を守り続けてくださっております。牛に跨っているところから古くより農家にとって人よりも大切な牛の難病を除き給う守護神として信仰を集めるようになり、お寺も涌泉寺ではなく「牛堂さん」と呼ばれ慕われてまいりました。毎年一月八日に催される「牛堂講・八日堂講」と呼ばれている縁日には、郡内の村々はもちろん京都・大阪・兵庫など近郊の農家から、角にはウコンの布で角巻き・首には首たすき・背中は油単の布を掛け、それはそれは美しく着飾った自慢の牛を何日もかけて連れてこられました。牛の健康と勤勉、そして作物の豊作を祈願して帰られます。道中牛の足を痛めぬように草鞋をはかせて来てお寺に納め、帰りにはお寺から新しい草鞋を頂いて帰ります。
牛のお蔭で成り立っていた当山も、昭和三十年代より牛が居なくなって窮乏してきましたが、平成になって人様の健康と所願満足を叶えて頂けるお寺・人形供養の寺としてリニューワルいたしました。近年ではお寺に足を運んで頂けるだけでもいろんなお蔭を頂けるところから自然と「ありがとう」の声が聞けて皆さん「元気」になられると確信を頂けるまでになりました。そこで、当山住職は年中無休・一日二十四時間、檀信徒の「ありがとう」と「元気」のために、『年中夢求』の精進をしています。

 

 

基本情報

寺院名称 旧牛堂さん・石用山 涌泉寺(ゆうせんじ)
住所 〒563-0113 大阪府豊能郡能勢町倉垣1773
電話番号 072-737-1440
公式サイト http://temple.nichiren.or.jp/5061022-yuusennji/
お問い合わせ先 hohaku@nike.eonet.ne.jp

このページの先頭へ

報恩浄行『父母への手紙』募集

報恩浄行『父母への手紙』募集

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.