立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

お話しと祈りの寺

高知市 天高山 妙國寺

【myoukokuji】

780-8014 高知市塩屋崎町2-13-4

高知市 天高山 妙國寺 ホーム>寺ブログ>僧侶の背骨

寺ブログ

寺ブログ

記事公開日:

僧侶の背骨

4月5日

南アルプス市久成寺様で聲明のお稽古があり、参加することができました。

普段の聲明のお稽古は、こちらのブログでもご報告してますように京都山科の護国寺様に伺っております。

久成寺様御住職、村上上人は一昨年の宗務院での布教伝道基礎研修会の講師に来ていただきました。

その時に初めてお会いしたのですが、「魅力的な人間でなくては、魅力的な僧侶にはなれない」という理念に大変に感銘を受けまして、一度はご自坊にも伺ってみたいと思っておりました。

久成寺様のお稽古は毎月5日(曜日不問)ということで、いつか、、と機会をうかがっておりましたが、ようやくその機会を得ました。

山梨は桃の花が満開で、道中も楽しく、当然ですが、講義も本当に楽しかったです。

「法要とはそもそも何か?」
「現在の法要や聲明はいつ頃に、どのような経緯で完成されたのか?」
「聲名の意味や読み下しはわかっていないと意味がない」

というお話、単体ではいくつか聞いたことのあるお話しでしたが、今回は特に350年前の現在の法要の主流が完成された経緯を、時代背景と、師弟関係までも交えながら、それでいて聖徳太子の時代にまで話が及ぶという、なんともスケールの大きいお話しです。

聲明は唱え方が良くなくてもダメだけど、歌だけがうまくてもダメだよ。。

と聞いておりましたが、上記のような「法要とはそもそも何か?」ということを踏まえてお唱えする聲明は確かに心構えから違ってくることを実感できました。

法要のあり方がわかるということは、日々のお檀家様と一緒にする法要にも響いてきます。

一番、結果がわかりやすものですし、色々な質問にも、これまでに増して自信をもってお答えできるようになったと思います!

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.