文字サイズ
標準
拡大

法華経を伝える寺 九識霊断 

龍川山  法傳寺

【RYUSENZAN HOUDENZI】

〒671-2565 兵庫県宍粟市山崎町高下610

龍川山  法傳寺 ホーム>寺ブログ>平成31年 新年のご挨拶

寺ブログ

寺ブログ

記事公開日:

平成31年 新年のご挨拶

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
記事の内容やリンク先については現在と状況が異なる場合がありますのでご注意ください。

明けましておめでとう御座います。
昨年は皆様のお力添えを頂き、1年間無事に務めることが出来ました。誠に有難う御座いました。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。
さて、今年のお正月は皆様誰とお過ごしでしょうか。昨年は非常に災害の多い年で御座いました。様々な困難が立ちはだかり、大変な思いをされた方もたくさんいらっしゃると思います。その全ての人が、この新年を大切な方と少しでも穏やかに過ごされていることを願っております。
私は本年も、水行会・新年祈祷会を執り行ない、多くの方々と共に新年を迎えることが出来ました。
気持ちを新たに、また一年、地に足をつけてしっかり歩んで参りたいと思います。

昨年私はこのホームページの新年の挨拶で、これから自分が目指すお寺について触れさせて頂きました。
”今、そして未来も安心して自身を預けられるお寺”という目標に向かってどのような事を為せば良いのだろうか?と自問自答して参りました。実際にお会いすることが出来れば、色々なお話を通じて少しずつ信頼関係を築いていけることでしょう。ですが現状として、お会いする事が出来なかった方はたくさんいらっしゃいます。その方々にどうやって安心を築いていくのか?
そこで始めたのが、このホームページでの情報公開です。”お寺ではいったいどんなことをしているのだろう?”そのような疑問を皆様少なからずお持ちではないでしょうか。そこで、普段の私共の活動や、それに関わって下さっている方々のことをまずは知って頂こうと思い、各行事の活動記録を中心に1年間お話させて頂きました。
まだまだ知名度としては低いこの場の存在も、少しずつ浸透していけたらという思いでいます。実際、一年前に引き継いだ当初に比べ、このホームページの存在を知って下さって、記事を読んでいるよ。というお声も少し聞くようになって参りました。ですので、この記事を読んで下さった方や、存在を知って下さった方は、何かの機会にで構いませんので、身近な方に少し、この場の存在をお話していただけると嬉しいです。私も皆さんにこの法傳寺をより身近なものとして感じて頂けるように精進して参りたいと思います。
これから何を為すべきか?自分自身がやるべきこと、皆さまと共にやれること、やりたいこと。今年の干支である亥は猪突猛進などと言われていますが、前進するときのエネルギーは素晴らしく、何にも負けない力強いものではないでしょうか。私もぐんと前進する力強さを持ちながら、しかし、一人で走らず、走る時は誰か友を、仲間を連れて共に走る、皆さんを良い意味でまきこんでいけるような、そんな力強いエネルギッシュな一年にしていきたいと思います。

年末年始の模様については、また載せて参りたいと思います。
良いお正月を。
また、ここでお会い致しましょう!

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
記事の内容やリンク先については現在と状況が異なる場合がありますのでご注意ください。

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.