立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

山科檀林旧跡

了光山 護国寺

【gokokuji】

607-8080 京都市山科区竹鼻竹ノ街道町72

了光山 護国寺 ホーム>イベント・活動>勇師法縁の縁祖・日勇聖人御正忌法要

イベント・活動

イベント・活動

記事公開日:

勇師法縁の縁祖・日勇聖人御正忌法要

昨日12月23日、護国寺勇師法縁縁祖法性院日勇聖人

御正忌法要、並びに縁祖廟参がありました(。-人-。)

護国寺は元々、僧侶が修行する檀林と呼ばれる道場で、御開山は日勇聖人です。

そしてその日勇聖人の御廟(お墓)があり、

毎年この日に、京都勇師法縁寺院が集まり、報恩の誠を捧げます!

本堂には、檀林時代から伝わる日勇聖人の肖像画と、大曼荼羅御本尊が掲げられました

この日勇聖人の画像をよく見てみると、御袈裟に菊の御紋が入っていますw( ̄△ ̄;)wおおっ!

実は日勇聖人は、正保年中(1644~1647)に時の天皇、後水尾天皇と皇后の東福門院さまに、

法華経の講義をなされており、∑( ̄Д ̄;)なんとっ!!

その時、大変お喜びになられた東福門院さまは、檀林に方丈・大講堂を寄進され、

更には自ら縫った菊の御紋・金紋袈裟を二領下賜されたのです!!

以後、山科檀林の歴代化主(住職)は着衣を許され登檀することになりますが、

この御袈裟は、日蓮宗史上はじめて許された金紋袈裟であると言われています( ̄□ ̄;)!!

のちに日勇聖人は二領の内、一つを本山 妙傳寺へ送り、

残る一領を護国寺の寺宝として付し、現在も大事に格護されています。

この日勇聖人のもとに集まった弟子(学僧)たちが、やがて一つの学閥を形成し、

法縁(ほうえん)と呼ばれるものとなっていきます!

この日勇聖人を始祖とする法縁を勇師法縁といい、ここから更に、

通師法縁(堀之内法縁、千駄ヶ谷法縁、一ノ瀬法縁、雑司ヶ谷法縁)・潮師法縁といった法脈を生み出します

今でも京都では、法縁の結びつきが強く、いつも集まる度に和気藹々としています♪

昨日も遅くまで、法談に華を咲かせておりました・・・

・・
・・・
・・・・
まぁ、私は法縁の各聖にノロウイルスをうつしたらいけないので、

法要と廟参以外は自粛

賑やかな声を子守歌代わりに、就寝させていただきました(mー_ー)m.。o○ zZZZ

私も参加したかったぁ~!!

以上、縁祖御正忌法要でした(。-人-。)

このページの先頭へ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.