立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

洛東のざくろ寺

宝林山 大漸寺

【Horinzan Daizenzi】

〒605-0862 京都府京都市東山区清水四丁目156番地

宝林山 大漸寺 ホーム>寺ブログ>閻魔(えんま)さまの休暇

寺ブログ

寺ブログ

記事公開日:

閻魔(えんま)さまの休暇

地獄の鬼や閻魔様には休暇があると言われている。
インドで発祥した仏教が中国の儒教の影響も受け、このような言い伝えがあるのだが、その日は地獄のかまのふたが開き、罪人達は責苦を免れる。
地獄の釜のふたが開く日は年に二度ありお正月とお盆。
実際に地獄で休暇とられるのかはわからないが、この時期は多くの人が手を合わせる事にで地獄の罪人も楽を得るだろう。
このような古くからの習わしは徐々に薄れていき、若者はほとんど知らない。
日本に脈々と受け継がれてきた風習は、仏教に関わっているものが多い。
日本人だから知っておく必要がある。とまでは言わないが、知っていおいて損はないだろう。

このページの先頭へ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.