立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

宗祖船中問答霊場、感応の祖師

福船山 安立寺

【Hukusenzan Anryuji】

236-0022 神奈川県横浜市金沢区町屋町7-4

福船山 安立寺 ホーム>イベント・活動>勤労感謝の会

イベント・活動

イベント・活動

記事公開日:

勤労感謝の会

11月23日 午後2時半より、勤労感謝の会を行いました。
 
11月23日は、国民の祝日・勤労感謝の日です。
 
国民の祝日に関する法律では、「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」とあり、また国民の祝日に関して、「自由と平和を求めてやまない日本国民は、美しい風習を育て、よりよき社会、より豊かな生活を築きあげるために、ここに国民こぞつて祝い、感謝し、又は記念する日を定め、これを「国民の祝日」と名づける。」とあります。
 
安立寺では会費制として、勤労感謝の会を行います。日頃の勤労を感謝し合い、共に楽しみながら祝います。
 
今年は「街の先生」より、琴の先生、琉球舞踊の先生にお越しいただき行いました。
 
琴の演奏では、「さくらさくら・荒城の月」と「秋の唱歌童謡メドレー」が演奏されました。秋の唱歌童謡メドレーでは、皆さんもよくご存じの「紅葉」・「村祭り」・「里の秋」・「虫の声」・「たき火」・「故郷」が、歌詞が配られて演奏されると、普段はあまり歌うことのない男性方も、皆さん共々、琴を伴奏に口ずさんでおられました。
琴は日本の伝統楽器であり、その歴史は弥生時代にまでさかのぼるそうです。その音色を聴くとなぜだか懐かしい気持ちが起こります、秋の唱歌や童謡のメドレーも季節の移ろいが感じられ、とてもなごやかな演奏でした。
 

 
琉球舞踊では、三線と歌の演奏と伝統的な着物での舞が行われました。琉球舞踊は、かつて祭祀舞踊や宮廷舞踊であったともみられ、1曲目はゆっくりとした曲調のおごそかな舞でありました。2曲目は、先生の娘方による明るい曲調の晴れやかな舞でした。
どちらの舞も、色鮮やかな伝統的な着物の衣装で舞われ、とても美しく、見ている方の心も豊かになっていくような舞でした。
 
20名程の参加があり、琴と琉球舞踊の後は、ホールへと移り茶話会を行い、終始なごやかに勤労感謝の会を行うことが出来ました。
 
日本には、古くから伝わる美しい音色や舞がございます。そのような美しいものと共にあることを喜び、感謝し合い、なごやかな気持ちや、豊かな心を持って行えた会でした。
 
自由な心と平和を求め、美しく、よりよい社会、より心豊かな生活を築いていくために、まずはお寺から、地域から養っていきたいものです。
 

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.