立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

1260年創立 日蓮聖人お立ち寄りの古刹

横浜市神奈川区 妙湖山 浄瀧寺

【Myoukosan Jyouryuji】

221-0051 神奈川県横浜市神奈川区幸ヶ谷17-5

横浜市神奈川区 妙湖山 浄瀧寺 ホーム>寺ブログ>掲示板「妙法蓮華経 授学無学人記品第九」

寺ブログ

寺ブログ

記事公開日:

掲示板「妙法蓮華経 授学無学人記品第九」

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
記事の内容やリンク先については現在と状況が異なる場合がありますのでご注意ください。

平成30年9月の掲示板は「妙法蓮華経 授学無学人記品第九」です。
この章(品)では、阿難、羅睺羅、そして2千人の学無学の声聞に成仏の記が授けられます。

阿難はお釈迦様のいとこで、出家以来つねに付き添ってお仕えし、お釈迦様の説法をそばで聴聞していたので「多聞第一」と言われます。

羅睺羅は、お釈迦様が出家される前に耶輸陀羅妃との間にもうけた男子で、お釈迦様が悟りを開き仏陀となってからは、母子ともに出家してお釈迦様の弟子になりました。

声聞である2千人の学無学とは、学(有学)という学修すべきことがある人と、無学という学修すべきことがない人で、いずれも凡夫の段階を越えた聖者です。

これら声聞の修行者にも授記(将来の成仏の保証)されましたが、これは声聞が「菩薩」であることを示すためでした。
そして、「菩薩」はお釈迦様の法の継承者という重要な役割を担っており、次の法師品以降はその菩薩の活動が詳しく説かれていきます。

この記事は最終更新日から1年以上経過しています。
記事の内容やリンク先については現在と状況が異なる場合がありますのでご注意ください。

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.