文字サイズ
標準
拡大

仰ぐところは釈迦佛、信ずる法は法華経

法住山 要伝寺

【Yodenji Vihara】

110-0003 東京都台東区根岸3-4-14

法住山 要伝寺 ホーム>寺ブログ>当山「鰐口」の台東区区民文化財台帳登載について

寺ブログ

寺ブログ

記事公開日:

当山「鰐口」の台東区区民文化財台帳登載について

 この度、当山所有の鰐口1口が、令和3年度台東区区民文化財台帳に「台東区有形文化財(工芸品)」として登載されました。
 本鰐口は、その銘文から安政3年(1856)、西村和泉守(にしむらいずみのかみ)の制作になることが読み取れ、当山第25世日随上人(~1856)の代に奉納されました(ただし当山の歴代譜では智祐院日随上人は第27世)。西村和泉守は江戸を代表する鋳物師で、本鰐口は第9代西村政時の作例と推定されます。
 法量は面径31.8cm・胴厚13.3cm、銅製鋳造で、中央の撞座(つきざ)には表裏ともに単弁十六葉蓮華文(たんべんじゅうろくようれんげもん)が、表面の銘帯(めいたい)は題目講中による奉納銘が陰刻されています。
 本鰐口は、近世後期の江戸を代表する鋳物師の活動や鋳造技術を知る上で重要な作品であること、また江戸時代の資料を失っている当山の実態や根岸の歴史を伝える貴重な資料であることなどが、文化財台帳登載の理由となりました。
 なお、このほかにも当山本堂奉安の木造日蓮聖人坐像は、台東区有形文化財(彫刻)に指定されています。詳細はこちらから。

次の記事へ

このページの先頭へ

日蓮宗公式スマートフォンアプリ 「合掌の証」

スタンプ機能付きナビゲーションアプリ

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

日蓮宗新聞社 ウェブショップはこちら

日蓮宗新聞社ウェブショップはこちら

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

日蓮聖人門下連合会 公式サイト

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.