立正安国・お題目結縁運動 いのちに合掌

文字サイズ
標準
拡大

We are the ones who make a brighter day ☆ 明るい明日を作るのは僕らの仕事

廣榮山 蓮華寺

【Koeizan Rengeji】

〒563-0361 大阪府豊能郡能勢町今西203-5

廣榮山 蓮華寺 ホーム>イベント・活動>月こそ心よ 花こそ心よ ~第57回声明師養成講習所~

イベント・活動

イベント・活動

月こそ心よ 花こそ心よ ~第57回声明師養成講習所~

開催日: 2015年09月28日

9月28日から10月5日までの8日間、大阪妙法山雲雷寺様を会所として、第57回声明師養成講習所が開講した。

この講習所は、昭和初頭に確立した日蓮宗の法式声明を、宗門の内外に拡げ伝える使命を帯びた声明師(聲明師)を養成する宗門機関である。日蓮宗には、言説布教修法布教等々の布教手法があり、これには所謂法要布教も加えられるのだが、本来法要とは至心至誠に仏祖三宝への法味を言上するものであって、あくまで参詣者を意識して作り上げられるものではない。従ってここでの課程も、劇場型法要の小手先の技術を習得するためではなく、仏様に向き合う心構えと御宝前での所作、立ち居振る舞いを徹底的に叩き込まれる。結果、その至心な礼拝と仏前作法の習熟が、檀信徒への副次的な教化となり得るのだ。

8年前に自坊に帰って来た頃、今までの仕事とのギャップに戸惑い、四苦八苦した。気持ちが定まらない。法事や葬儀よりも、また病院に戻って、目の前で病と闘っている患者さんのお手伝いをしたい…そんなことばかりを考えていた。
今、漸くこの年月を過ごし、相手の心に寄り添い、懇ろに備えを調え、そして心を尽くして、至心に「仏様」と向き合うことが法要であろうと思えるようになった。それは詰まる所、患者に寄り添い、「良薬(正しい治療)」と向き合うリハビリも同じ。全く異なる世界であっても、その行為は何ら変わりのない“人だけが為せる慈しみの業”なのだ。

講習成満の日、伊丹僧正より進呈された音楽CD『慈(いつくしみ)・悲(いとおしみ)』のメロディーを、今耳にしながら、そんなことをつらつらと綴っている。

月こそ心よ 花こそ心よ

こちらでの8日間では、日常の忙しさにかまけて見失っていたものを取り戻せたように思う。息子ほどの受講生と寝食を共にし、彼等の他者への優しさや思い遣りを実感した。きっとこの先、彼等の手によって心を尽くした法要が営まれることを私は確信している。

此の度、会所として寺院を開放して下さった雲雷寺伊丹瑞栄僧正。
本堂の内装を一新してまで、この講習所のために準備を調えて頂きました。毎朝、門扉を開いて、「声明師養成講習所会場」の大きく重い看板を門前に立て掛けて下さいました。
朝勤には必ず参加され、模範法要の御導師も務めて下さいました。すれ違う度、何気ない話題でお声を掛けて頂きました。
ありがとうございます。心から感謝申し上げます。

また、身の回りの世話に奔走して頂いた若上人や御寺族の皆様方、山務従事の方々、内外からこの講習所運営に御尽力頂いた関係各聖、毎日のお弁当や布団を調達して下さいました業者さん。
本当にありがとうございました。皆様のお力で、35名の受講生が無事に修了することが叶いました。

そして、早水日秀主任先生をはじめ講師、助講の先生方、声明道の諸先輩方の名に恥じぬよう日々研鑽を積み、声明師としての使命を果たす覚悟です。

このページの先頭へ

報恩浄行『父母への手紙』募集

報恩浄行『父母への手紙』募集

外国語 de 国際体験

海外でボランティア/布教活動を体験してみたい!

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

みのぶ山 観光情報サイト みのぶガール

Copyright (C) Nichiren Shu. All rights reserved.